ブロング ~好奇心という一過性の発情症候群~

主に雑記。その他ガジェット、アウトドア、音楽ネタも入れていこうかな。

バッテリー重視のBluetoothヘッドセットならmarsboy一択!!

Bluetoothヘッドセットの紹介を。

 

まず前提としてBluetoothヘッドセットは、職場で使うために購入しました。

何かの作業をしながらでも、電話にでることができるし、こっそり音楽を聴いててもあまり違和感がない!(笑)ということで、Bluetoothヘッドセットは、職場でずっと使っております。

 

marsboyという中華ヘッドセットを使っております。

f:id:yblong:20171012212115j:plain

 

 

 

 

marsboyのここがすごい

泣く子も黙る、なんと24時間連続通話が可能!!

この商品の特徴は、ここだけ!!と断言してもいいでしょう。

そして、私が購入した動機の9割は、これにあたります。

とにかく、バッテリーの持ちがとても良いです。

 

marsboyを購入するまでは、Plantronics M70を使っておりました。

比較コムでも、売れ筋ランキングNo.1でして、通話音質もクリアでバッテリーの持ちもなかなかでした。

 

  

Plantronics M70 イヤホン仕様(Amazonより)

  • ヘッドセット重量:約8g
  • 通信規格:Bluetooth Ver 3.0
  • 使用範囲:半径約10m
  • 通話時間:最大約11時間
  • 待受時間:最大約16日間(約380時間)

 

しかしながら、勤務時間12時間を超える私の使用環境では、どうしても途中でバッテリー切れになってしまい、最後まで使えませんでした。

 

そして、marsboyのスペックはこちら。

 

marsboy イヤホン仕様(Amazonより)
材料:PC  サイズ:58.5x24.2x16mm 
Bluetooth:Headset 、HFPA2DPAVRCP 
通信距離:10m 
通話時間:約24時間
充電時間:3H 
音楽プレー時間:約20時間 
充電は付属ケーブルを使ってパソコンと接続するだけ。 
バイス名:LC-B41 

 

なんと通話時間24時間、音楽再生時間20時間と圧倒的なのです。

これ、ヤバくないですか?単純にM70の2倍ですよ!

 おそらく、同価格帯のものではズバぬけているのではないでしょうか。

 

実際に使ってみて、半年になりますが、全く問題なく快適に使えております。

  

価格が比較的安い

まぁ、とても安いとは言い切れませんが、入門用Bluetoothの相場としては3000円くらいかと思いますし、それに比べたら安いと思います。

 

masboyのここが残念

音質はまぁまぁ

まぁまぁというか、M70よりは良くないらしいです。

これは、私が直接通話音声を聞いたわけではないので何とも言えませんが、雑音が結構入るそうです。(特に風があるところでは)

 

よって、屋外で電話するときは、手でおさえて通話したほうが良いかもしれません。

 

静かなところで通話する分には全く問題ないわけなのですが、 

通話音質を重視されるのでしたら、老舗のPlantronicsやJabra辺りのほうが、幸せになれるかもしれません。

 

ヘッドセット自体がでかい

矛盾してるかもしれませんが、大容量のバッテリーをつんでいるせいか、ヘッドセット本体が大きいです。

以前使っていたM70と比べても、これだけ違います。

 

f:id:yblong:20171012222705j:plain

marsboy vs M70

 

また、付けると更にでかく感じます。

イヤーフックもありますし、そこまで重さは感じませんが、圧倒的な存在感です。

f:id:yblong:20171012222740j:plain

marsboy on ear

 

誤操作が多い

表側のmarsboyの文字の部分が通話/終話(再生/停止)ボタンになっており、サイド側にそれぞれON/OFF、ボリュームボタンがあります。

そして、ボディが大きいため、ちょっとヘッドセットに当たっただけでボタンが押されてしまいます。

電源を切らずにポケットにいれていると、知らぬ間に電話をかけてしまっていたこともしばしばありました。

 

 

とここまで、デメリットの方が多いやん、と批判の声もありそうなのですが、はっきり言います。

 

marsboyは、バッテリーの持ち以外はあえて選ぶ理由がありません。(笑)

 

 

バッテリー優先なら、marsboyはアリ!! 

最近、街中でもBluetoothヘッドセットをつけてる方が増えている気がします。

多少ボディが大きくなっても、すぐ電池切れになる煩わしさからから解放されたいという方には、おすすめのヘッドセットです。

 

 

 

ちなみに、付属のイヤーフックは折れやすいので、Plantronicsのを使っています。

どうやら、径7mmくらいのイヤーフックが使えるようです。

 

 

カタログギフトはハム、ソーセージがおすすめ!(一人暮らし)

本日、チルドの荷物が届きました。

f:id:yblong:20171010225435j:plain

 

今年に入ってから、私の周りでは結婚式ラッシュです。

実にめでたいことです。

それに伴い、我が家のカタログギフトも増えてきました…。

 

 

 

カタログギフトは選ぶのが大変

自分が好きな商品を選べるカタログギフト。

ですが、あの分厚いカタログの中から自分が欲しい1品を選びだすのは、なかなか大変。

私も最初は、カタログの隅から隅まで見て、「あれも欲しい、これも欲しい」と、ページを折ったりして選んでいましたが、なかなか時間がかかるんですよね。

そして、カタログが分厚いと、見てる間に疲れて、「また今度選ぼ…」となってしまい、気づけば締め切り間近!!ということもよくありました。

 

カタログギフトは食べ物がおすすめ。WEBで注文!

そして、途中から気づいたのが、「食べ物」を選ぶということでした。

私のように一人暮らししている人にとっては、やはり食材がもらえるのは非常に助かります。

 

最初は、お米やお肉を選んでいましたが、最近はもっぱらハム・ソーセージをいただくことが多くなりました。

ハム・ソーセージは、そのままでも食べられるし、ちょっとした料理にも使えるし、非常に汎用性が高いんですよね。

また、生肉などと比べても保存期間が長いというのもうれしいですね。

 

 

それから、今回は初めてWebで注文してみました。

Webのほうが断然楽でした。

ジャンルの絞り込みとかもできますし、そのまま注文することができます。

 あと、会社によってはWeb限定で注文できる商品もあるようでした。

 

 

というわけで、早速ビールのおつまみに頂くとします。

音楽はGoogle Play Musicで

私は音楽を聴くことが好きです。

昔から楽器を少しかじっていたこともありますし、中高時代はテレビよりもっぱらラジオでFM802を聞いていました。

 

 

以前は、外出先ではiPod等のMP3プレイヤーで音楽を聴いていました。

DAPで音楽を聴くことで、スマホの電池を心配しないでいいことや、音源や音質にこだわれる(ハイレゾ音源再生、2.5mm 4極ジャック有、等)ことなどのメリットもあります。

 

ですが、逆に、

スマホと合わせると複数の端末を持ち歩くため、かさばってしまう

・帰宅後DAPの充電をしないといけない&充電忘れてしまう

ということがあり、面倒臭がりの私には不向きでした。

 

そして、Nokia N87を使いだしてからは、SDカード等に音楽を入れて、通信端末で音楽を聴くようになりました。

 

定額制の音楽配信サービスの普及

近年、ネットの通信容量増加、スマホの高機能化によって、LINE Music、KKBOX、Apple Music、Google Play Musicなどといった、月額〇〇円で音楽聴き放題というサービスが増えてきました。

 

私的に、音楽配信サービスのメリットを3つ挙げてみます。

・CDメディアなどから音楽を移す手間がいらない

・聴きたいときに、聴きたい曲、を聴くことができる

(サービスによっては聴きたい曲が少ないことありますが…)

・関連アーティストや関連プレイリストのリンクから新しい曲の発見が生まれやすく、そのまますぐに聴くことができる。

 

あくまでも、サービス内で提供している曲なら、そのアプリを通して聴き放題ということですので、以下のような人には向いていません。

・音源をメディアやファイルとして手元に残してコレクションしたい

・音楽を加工、編集して楽しみたい

 

逆に言えば、私のような、

・CDを買ったり借りに行くのが面倒

・どうしてもこの曲をこういう音質で聴きたい!、というこだわりがない

・外出時は、財布とカギとスマホだけ。できるだけにシンプルにしたい

・キャンプ先でDJを任され、急遽万人受けする曲を求められたとき

という方にとっては、とても使えるサービスだと感じます。

 

各サービスの比較は、多くのサイトで紹介されているので、参考にしてみて下さい。 

appllio.com

 

私はその中でも、Google Play Musicを使っております。

 

 

私がGoogle Play Musicを選んだワケ

①ローカルの音源も同じアプリで再生ができることでシンプルに

私が、Google Play Musicを選んだ大きな理由のひとつは、既にスマホ内にある音源ファイルも同じ「Google Play Musicアプリ」で再生ができるということです。

オフライン再生ができるとはいえ、「MP3音源を購入して、端末に保存する」というわけではありませんので、端末のローカルに保存している音源とは全く別物になります。

よって、自分でCDからスマホに移した曲を再生するには、既存の別の再生アプリを使う必要があります。

・端末内のローカルに保存した音源の再生→既存の再生アプリ

・配信サービスでダウンロードした音源の再生→配信サービス用のアプリ

 

Google Play Musicでは、端末内のローカル音源も、同じアプリで再生できますので、「このアーティストを聴くときはこのアプリ、このアーティストを聴くときは別のアプリ」というようなわずらわしさがありません。

 

調べてみると、どうやら、AWAサービスも、同様にローカル音源再生もできるようです。

 

②好みの曲が多い

各サービスとも、配信曲に強み弱みがあるそうです。

私は最近、EDM系をよく聴いておりまして、この辺りの曲は少なくないと感じます。

逆に、JPOPが少し少ないような気がします。

どうしても聴きたい曲は、CDから保存して同アプリで再生するということでカバーできます。

 

ちなみに、私が最近聴きなおしているZARDは、どのサービスも配信していないようです…。

mag.app-liv.jp

サービスを選ぶ前に、あらかじめ自分の好きなアーティストがあるかどうかは、サーチしたほうがいいかもしれません。

 

 

Googleサービス統一でスッキリ

Androidを使っている方なら、おそらくGoogleアカウントはお持ちのことでしょう。

私も、メール、カレンダー、メモ等はすべてGoogleで統一しております。

全て同じアカウントで統一できることもメリットの一つだと感じます。

 

 

逆に、私がデメリットのひとつだと感じていることは、「歌詞の表示がない」ということでしょうか。

洋楽等を聴いているときに、歌詞を知りたくなることが多々あります。

この辺りは、今後のサービス向上に期待ですね。

 

ちなみに、AWAサービスは歌詞も表示されるみたいです。

現状は、Google Play Musicで満足していますので、しばらくはこのまま使ってみるつもりです。

 

 

現状、Google Play Musicには満足しています

月額980円の有料ではありますが、CDを用意しなくとも、好きな時に気軽に音楽が楽しめる配信サービスは、なかなか使えるサービスだと感じます。

 

Google Play Music
開発元:Google, Inc.
無料
posted with アプリーチ

「蒼空 純米酒ひやおろし」を飲んできました

私が好きな日本酒のひとつであります「蒼空」。

 

その蒼空から秋の季節限定「蒼空 純米酒ひやおろし」の販売が開始されたとのことなので、藤岡酒造さんへ行って参りました。

www.sookuu.net

 

休日ということもあり、店内は混んでおりましたが、Barカウンターでテイスティングすることができました。

本日頂いたのはこちらの3つです。

・蒼空 純米酒ひやおろし

・蒼空 特別純米生原酒・短稈渡船(たんかんわたりぶね)

・蒼空 純米吟醸生酒・おりがらみ山田錦

 

どれも、とても美味しかったです。

お店の方も、ひとつずつ丁寧に成り立ちを教えて下さるので、楽しんで飲むことができました。

京都伏見に行かれた際には、是非とも足を運んでみて下さい。

 

 

そして、本日の戦利品でございます。f:id:yblong:20171009003547j:plain

蒼空 純米酒ひやおろし

 

Samsung Galaxy S7 Activeを愛用

さて、14代目になります私の愛用スマホを紹介しようと思います。

 

Samsung Galaxy S7 Active- SM-G891A- 32GB- Unlocked (Titanium Gray) [並行輸入品]

Samsung Galaxy S7 Activeです。

こちらの機種、日本国内で発売されているGalaxy S7 Edgeの兄弟機で、アメリカのAT&Tモデルのみになります。

 

以前より、海外スマホ技適問題がありましたが、昨年から「電気通信事業法等の一部を改正する法律」の施行によって、国内でも堂々と使えるようになりました。(一部制限有り)

詳しくは、総務省のホームページ、並びに、よく拝見させて頂いている物欲ガジェットさんの記事で説明されています。

butsuyoku-gadget.com

 

 

国内でもS8/8+が発売になっている中、今更感は否めませんが、簡単にS7シリーズの紹介を。

 

Samsung Galaxy S7シリーズ

SamsungスマホGalaxy Sシリーズのフラグシップモデルとしては、7代目になりますかね。

S7シリーズは、国内外合わせて、大きく3種類のモデルが出ております。

基本性能やスペック(SoCやRAM)は、ほぼほぼ同じではありますが、それぞれ少しずつ特徴があります。

Samsung Galaxy S7(グローバルモデル)

5.1インチ平面ディスプレイ、バッテリー3,000mAh、もちやすくコンパクト

Samsung Galaxy S7 Edge(国内、グローバルモデル)

5.5インチ曲面(Edge)ディスプレイ、バッテリー3,500mAh、Edgeならではの機能

Samsung Galaxy S7 Active(AT&Tモデル)

5.1インチ平面ディスプレイ、バッテリー4,000mAhMIL-STD-810G

 

S7 Activeで特筆すべき点としては、やはりミルスペックであることでしょう。

 

私がSamsung Galaxy S7 Activeを選んだワケ

スマホを選び基準は人それぞれあると思いますが、完ぺきなスマホというのはなく、やはり、何かは妥協しないといけませんね。

 

私が、スマホを選ぶポイントとしては、以下を重視しています。

①基本性能が高い

 ・ゲームはパズドラ程度しかしませんが、高いほど良し

 ・デジカメいらずのカメラ性能

②片手での操作ができるコンパクトさ

 ・基本、片手で使用することが前提

③バッテリーの持ち

 ・Google Play Musicで音楽を聴くため

④過酷環境下での使用に向いているか

 ・アウトドアでもガシガシ使えること

 ・職場が工場なので、粉塵や埃を気にせずに使えること

 

それぞれに特化しているスマホはいくつもあります。

例えば、

②ですとSONY Xpria CompactシリーズやApple iPhone SEなど。

③ですと10,000mAhバッテリー搭載のお化けみたいな中華スマホもごろごろあります。

④ですとCATやKyoceraが出していますね。

 

前端末のS8(無印)は、非常に満足していたのですが、不慮の事故で画面を全壊させてしまいました。

そこで、今回は「頑丈さ」を重視して選定することに。

候補としては、以下端末が挙がっておりました。

・中華スマホ(Doogee S60、Ulefone Armor 2、Blackview BV7000 Pro)

・CAT S41

 

堅固さでは、申し分ないのですが、以前S8を使っていた身としては、少々スペックが見劣りしてしまいます。

もちろん、通常使用に関しては十分ではあります。

 

そこで、S7のActive版のことを思い出し改めて調べなおすと、 今回のニーズにどんぴしゃでして、購入に至りました。

 

S7無印、S8無印と比べてどうか?

S7 Activeは一世代前のスマホとはいえ、スペックは十分です。

 

操作感としては、S7とほぼ同じと感じますが、若干のひっかかりを感じることがあります。これは、消せないAT&Tキャリアアプリがバックグラウンドで動いてるのかもしれませんね。

 

物理キーのホーム、メニュー、戻りボタンで、手袋をしながらの操作が快適です。

そして、S8では、使いにくくてほとんど使っていなかった指紋認証は前面のホームボタンになります(S7と同じ)。

やはり、指紋認証は前面のほうが使いやすいと感じます。

 

バッテリーの大容量化とその堅固なボディと引き換えに、端末は少し大きくなりましたが、片手でぎりぎり使えるラインです。

保護ケースやモバイルバッテリーがなくとも十分なので、シンプルでいいですね。

 

AT&Tモデルのため、ファームアップデートが面倒であったり、問題があれば自己責任で対処する必要がありますが、それが愛着でもあり、海外スマホの楽しいところではないでしょうか。

 

 

使いだして、まだ数週間ではありますが、十四代目の名に相応しい良い端末だと感じております

歴代スマホ紹介。

世の中には、

・人と違ったものが好き!!

・みんなと同じじゃつまらない!!

・それが個性なのだ!!

という価値観の方がいらっしゃいます。

 

そして、もれなく、私もそのうちの一人です。

  

 

ところで、実は私、相当な頻度でスマホを乗り換えております。 

先日、友人に「そんなにスマホ変えるんやったら、車買えるぞ」と言われました。

 

そこで過去、私の携帯スマホ歴史を振り返ってみようと思います。

 

 

NTT DoCoMo ドラえホン(PHS

懐かしいですね。親にねだって買ってもらった記憶があります。

たしか、あらかじめ登録した3つの電話番号にしかかけられなかったような…。

 

Nokia 6630

いわゆるフィーチャーフォンです。

この端末あたりからデジタル通信端末の虜になってきました。

 

Nokia N78

個人的に、Nokiaの名機です。

コンパクトなキャンディーバー端末に、バッテリーの持ち、ヌルヌルSymbian OSと。

かなり長いこと使っていた気がします。

 

Blackberry curve 8520(だった気がする)

⑤HTC Desire(初代)

初のAndroidスマホです。

当時、海外留学先で、嬉しくて思い切って買いましたが、2週間後にタクシーで置き忘れてしまい、帰らぬ機種となりました。

 

⑥HTC Legend

Desireをなくしてから1週間後に買いました。

 

Samsung Galaxy S2

当時、他のスマホを差し押さえ、破格のベンチマークスコアをたたき出しておりました。

これも名機ですね。

もちろん、連続使用時のホッカイロモードは健在でした。

 

Apple iPhone4S

SONY Xperia Z

Apple iPhone5

ジョブス様の遺作、名機。

 

SONY Xperia Z3 Compact

Samsung Galaxy S7

Samsung Galaxy S8

Samsung Galaxy S7 Active ←いまここ

 

 

いくつか抜けてる気もしますが、今の愛機はどうやら14代目だそうです。

確かに、下手すれば車が買えるかもしれませんね。

ブログを始める夢を見た

はじめまして、ロングです。

 

毎日が通勤時間徒歩5分となんの変哲もない単純労働の中、いつも「何かを発信したい!!」想いにかられておりました。

 

そして、ようやく昨晩、ブログを始める夢を見ることができました。

よって、僭越ながらブログを始めることにしてみます。

 

 

好きなものは、デジタルガジェット、アウトドアライフ、音楽です。

比較的新しい物好きですが、古き良きものは大切にする習性があります。

サブタイトルの通り、幅広い好奇心を持っているのですが、すぐ冷めてしまう傾向があります。

 

主に、雑記となる予感しかしませんが、商品のレビューや比較考察等も上げていきたいなと思っております。

 

どうぞ、よろしくお願いいたします。